作業員

トコジラミ駆除でトラブル解決|プロに退治してもらえる

被害が増えている

男の人

害虫には、トコジラミといった寄生虫がいます。この害虫による被害は国内だけでなく、海外でも多くあります。トコジラミは、クッション付きの椅子やベッド、マットレスなどの家具に潜んでいます。この害虫は吸血昆虫とされており、それらがいるベッドや椅子などを刺されてしまいます。人を吸血する際には、夜間寝ている時に刺されることが多いといえます。日中は、隙間や裂け目などに隠れており、夜になるとその場所から出てきます。トコジラミに刺されると蚊と似たような跡になり、痒みを伴います。また、人によっては赤く大きく腫れ上がってしまう方もいます。トコジラミは年中活動を行ないますが、夏から秋にかけて活発に活動を行ないます。家族がこの害虫に吸血されないように、早めにトコジラミ駆除を行っていた方が良いといえます。

トコジラミ駆除をしようと自分で専用の殺虫剤を使用して、潜んでいるところに薬剤を撒くことができます。ですが、専用の薬剤を使っても家具に潜んでいるトコジラミを退治することは難しいとされています。以前では自分でも行なうことができましたが、最近では抵抗制をつけてしまいトコジラミ駆除を行っても、あまり効果がないとされています。また、卵も殺虫剤をかけても死ぬことはありません。専用の薬剤を室内に多くかけてしまうと、体に良くありません。安全にトコジラミ駆除を行なう際には、トコジラミ駆除を行なう場合には、業者の方に任せた方が良いでしょう。